Youtubeで手に入るアニメ/テレビドラマ動画を徹底網羅!動画ファイルナビ搭載。アニメ関連情報と併せてお楽しみください。すべて完全無料です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スポンサーサイト

自らの肉体の精孔(しょうこう)という部分からあふれ出る、「オーラ」とよばれる生命エネルギーを、自在に操る能力の事。念を使う者を「念能力者」と呼ぶが、一般人の間では念能力の存在自体が知られていない事も多く、霊能力者・超能力者と呼ばれている事も少なくないと言う。

ハンターは仕事柄未知の領域に踏み込む事が多く、念が使えないと(念を扱うほどの実力がないと)一人前のハンターとして認めてもらえないばかりか、命を危険に晒しかねない。




念の基本(四大行)

纏(てん)
オーラが拡散しないように体の周囲にとどめる技術。纏を行うと体が頑丈になり、常人より若さを保つことが出来る。

絶(ぜつ)
全身の精孔を閉じ、自分の体から発散されるオーラを絶つ技術。気配を絶ったり、疲労回復を行うときに用いられる。

練(れん)
体内でオーラを練り精孔を一気に開き、通常以上にオーラを生み出す技術。

発(はつ)
自分のオーラを自在に操る技術。念能力の集大成。



念の方便 (燃)

念を指導者が、念を教えてはならない相手に話すときに使う。方便だが、満更嘘でもない。 「燃」 とは、心を燃やすこと。

点(てん)
心を一つに集中し、自己を見つめ、目標を定めること。

舌(ぜつ)
頭に想い描いた目標を、言葉にすること。頭で思うだけでも構わない。

錬(れん)
点で想いを増幅させ、舌で言葉にし、錬でその意志を高めること。

発(はつ)
錬によって高めた意志を実際に行動に移すこと。



念の応用

周(しゅう)
「纏」の応用技。物にオーラを纏わせる技術。刃物の切れ味を強化するなど、対象物の持つ能力を強化する。しばしば「硬」と併用される。

隠(いん)
「絶」の応用技。自分のオーラを見えにくくする技術。「隠」を施されたオーラは「凝」を使うなどしない限り目視が不可能になる。

凝(ぎょう)
「練」の応用技。オーラを体の一部に集め強くする技術。通常、目に集めて『隠』で隠されたオーラを見ることを言う。

堅(けん)
「纏」「練」の応用技。「練」で増幅したオーラを防御に用いることによって、通常よりも高い防御力を得る技術。これは「練」状態を維持し続けることであり、10分間伸ばすだけでも1ヶ月掛かると言われている。

円(えん)
「纏」「練」の応用技。(「堅」の応用技)体の周囲を覆っているオーラを自分を中心に半径2m以上広げ、1分以上維持する技術。「円」内部にあるモノの位置や形状を肌で感じとることができる。その広さは人によって異なり、数百mに達する達人も居る。現時点でノブナガ・ゼノ・カイト・ネフェルピトー・シャウアプフが円を使用できることが分かっている。

硬(こう)
「纏」「絶」「練」「発」「凝」を複合した応用技。体中の全オーラを体の一部に集め、特定の部位の攻撃力・防御力を飛躍的に高める技術。性質上、オーラを集めた場所以外は「絶」状態になるため、非常に脆くなる。例として主人公ゴンの必殺技であるジャジャン拳があげられる。

流(りゅう)
「凝」の応用技。オーラを体の各部に意識的に振り分け(「凝」を行い)、攻撃力と防御力を変化させる技術。



系統

念能力は、オーラの使われ方によって6つの系統に分類される。念能力者は例外なくこれらのいずれかの系統に属した性質を持っており、それがその者の「才能」でありその系統の能力を最も高いレベルまで身に着けることが出来る。

これらは6角形の図で表されるような相関関係を持っており、それぞれ相性の良い系統・悪い系統が存在する。自身が属する系統と相性の良い系統は(天性の系統には及ばないまでも)高いレベルで身に着ける事が可能だが、そうでない系統は身についてもレベルが低い場合が多い。

念能力の中には複数の系統の能力を必要とする能力が存在するが、相性の悪い系統を組み合わせた能力は習得が困難で高いレベルまで完成させられないなどのデメリットが存在する。

そのため能力を身に着けるならば自身の系統にマッチしたものが良いとされるが、実際に身につける能力がどんなものになるかは本人の性格や嗜好にも強く左右されるため、自分自身の念能力を活かしきれていない念能力者も少なくない。



強化系
モノの持つ働きや力を高める能力。主に自分自身を強める能力者が多い。この系統そのものを極めるのが最もバランスが良いと考えるものも居る。

放出系
自分のオーラを体から放つ能力。オーラの塊(=念弾)を飛ばす技が最もポピュラー。

変化系
自分のオーラの性質を変える能力。オーラに形状を持たせるのも変化系の技術に含まれる。

操作系
物質や生物を操る能力。人や物を媒介して発揮される能力である為、その媒体を失うと能力が発揮できないリスクがある。

具現化系
オーラを物質化する能力。オーラを物質化するほどに凝縮するには相当に強いイメージが必要である。物質化したものに特殊な能力を付加する者が多い。

特質系
他の5系統に分類できない特殊な能力。血統や特殊な生い立ちによって発現する。他の系統に属する者でも後天的に特質系に目覚める可能性がある。
スポンサーサイト


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

HUNTER×HUNTER念能力

コメント
このアニメドラマ動画へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
Youtubeアニメドラマ動画のトラックバックURL
Youtubeアニメドラマ動画へのトラックバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。