Youtubeで手に入るアニメ/テレビドラマ動画を徹底網羅!動画ファイルナビ搭載。アニメ関連情報と併せてお楽しみください。すべて完全無料です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スポンサーサイト

少年漫画としては異色の囲碁漫画であったが、緻密で繊細な作画と熟考されたストーリーで人気を博した。
以前までは、年配の愛好家が主であった囲碁を小学生・中学生を中心に浸透させ、囲碁ブームを引き起こした。

中には関達也のように、この作品をきっかけに囲碁を始め、プロ棋士になった者もいる。
この作品が出来るきっかけは、原作者のほったゆみが趣味でやっていた囲碁が上手くならなかったので、「囲碁の神様がいてくれたらなぁ」と思ったことによるという。


本作は大きく分けて二部あり、主人公ヒカルと佐為の出会いと別れやアキラとのライバル関係を描いた第一部「佐為編」、その後のヒカルの活躍を描いた第二部「北斗杯編」になる。
この間に一時中断があり、定期的に「番外編」と銘打たれた30ページほどの読切が6話掲載された。



囲碁については、初心者にもわかる程度の基本ルールの説明にとどまり、対局の進行描写や技術解説もほとんど放棄していた。碁を知らない者にとっては、実際対局を飛ばしても話がわかるように工夫されてはいるが、作中の観客の解説にでてくる囲碁の専門用語を追うだけの雰囲気漫画である。

だが盤面の状態は厳密に考証されており、碁を覚えると作中のセリフを読むだけで対局の進行状況が手に取るようにわかるようになっており、二度おいしい作品になっている。上級者になると、登場人物の棋風(碁を打つ際に見受けられる打ち手の特徴や癖)がわかるようになるという。

そのため、プロ棋士にも、国の内外を問わず愛読者が多い。作中の棋譜はほぼ全て実在の棋戦の棋譜を元にしており、本作最大の一戦である「sai」(佐為のネット碁上での名)VS塔矢行洋戦では途中でどちらが勝つかわかってしまった者が多かったという(第22期名人戦リーグ、黒林海峰・白依田紀基を元にしている。)。
本因坊算砂の三コウや本因坊秀策の耳赤の一局も作中で登場している。



本作の前身として、週刊少年ジャンプの新人漫画家募集企画「ストーリーキング」第2回ネーム部門の準受賞作『九つの星』がある。約100ページにわたるネーム状態の読切作品で、あらすじは連載版とほぼ同じである。九つの星とは碁盤の目にある九つの黒い点を指し、作中で主人公が碁盤を宇宙に碁石を星に見立てて碁を打つ場面がある。この辺りの話は連載版でも描かれている。


韓国では『ゴースト囲碁王』、中国では『棋魂』と言う題名になっている。両方とも、藤原佐為の立場を指した表現である。

本作は緻密な取材と現実的な志向によって編まれており、作中でファンタジーの部分を挙げるとなると霊が登場することと現代の囲碁界最強の棋士が日本人(塔矢行洋)になっていることぐらいである。


本作は日本棋院が全面バックアップしており、作中にも棋院内部や関連施設やイベントなどが登場している。
連載開始時に「世界初」と銘打たれるほど囲碁漫画は珍しいジャンルだったうえ(将棋漫画に比べて囲碁漫画は個性の表現が難しく、青年誌を含めても皆無に近く少年誌での連載はこれが初めてだった)作品が成功したため、棋院自身もヒカルの碁人気に頼ったイベントを数多く行ってきたが、囲碁ブーム沈静後の現在、どう展開してゆくかが注目されている。
スポンサーサイト


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

ヒカルの碁概要

コメント
このアニメドラマ動画へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
Youtubeアニメドラマ動画のトラックバックURL
Youtubeアニメドラマ動画へのトラックバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。