Youtubeで手に入るアニメ/テレビドラマ動画を徹底網羅!動画ファイルナビ搭載。アニメ関連情報と併せてお楽しみください。すべて完全無料です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スポンサーサイト

名探偵金田一耕助を祖父に持つ主人公・金田一一が、パートナー・七瀬美雪や親友・剣持勇警部、ライバル・明智健悟警視らと共に、遭遇する難事件を、祖父譲りの抜群の推理力で次々と解決していくストーリー。

当初から、練り込まれたストーリー構成などが評価を受け大成功を収め、「ミステリー漫画」というジャンルを確立した。 今日まで続くミステリーを題材とした漫画、延いてはミステリー自体のブームの呼び水の一つとなった作品でもある。

1995年、第19回講談社漫画賞少年部門受賞。




1992年に連載を開始、その当初から「犯人当てクイズ」などの斬新な企画もあって読者の注目を浴び、大ヒットする。のちにドラマ化がなされた 1995年に、その効果もあって大ブレイク、その後アニメ化・映画化などがなされ、小説版も出版されるなど、マルチメディア的展開を見せた。

作品初期は、殺人事件を題材とした長編のみが展開された。途中から、長編を軸としつつも短編を織り交ぜたストーリーが多く扱われるようになり、傷害事件や犯罪の絡まぬパズルのような物語も扱われるようになった。


「速水玲香誘拐殺人事件」が終了したところで、それまでの19本の長編が"FILEシリーズ"としてまとめられた。

それと同時に、中編や大長編を扱う"Caseシリーズ"が開始され、以後もそれまでと同様に、短編を織り交ぜる形での連載が進められた。この短編の中で、主人公のライバルで人気キャラの、明智健悟警視を主人公とするシリーズも描かれた。

そして、2000年末、最後の"Case"作品が描かれ、1992年から続けられた連載が終了した。この終了は「第I期完結」とされており、再連載が当時から計画されていた事を伺わせる。



連載終了後もファンが多く、2004年夏には同作者(天樹征丸&さとうふみや)による別連載作品『探偵学園Q』の連載を中断して短期連載が行われた。探偵学園Q終了後、2005年夏に新シリーズ「オペラ座館・第三の殺人」の連載が開始、同年秋、この連載中にキャストを一新したスペシャルドラマが放映された。現在の最新作は2007年1月17日から連載中の「雪霊伝説殺人事件」。

しかし、4年間に及ぶ探偵学園Qの連載の為か、2004年以降の画風は同作品以降の要素が色濃い物になっている(簡略化された髪の描き方や、顔の影の弱さなどによって迫力が弱くなっている、等)。

年数に伴う画風の変化は、多くの漫画家において見受けられることだが、本作に関しては4年のブランクの後の再連載という事もあり、I期との違いが明白な現在の画風に違和感を覚えるファンは多い。ただし連載を重ねるにつれ徐々に探偵学園Qの画風からは離れつつある。

「雪夜叉伝説殺人事件」や「金田一少年の殺人」など、ミステリーファンからも高評価を得ているオリジナルのトリックがある一方で、他の著明推理小説の模倣であるとして同じくファンから酷評を受けているFILE・Caseもある。

作品中にはじめがあやうく死にそうになったときに他社の某有名マンガを「マガジンでは一度死んだら生き返れないんだぞ」と皮肉ったセリフを言ったことがある(ちなみに、Caseシリーズ第4巻、雪影村殺人事件以外のFILE、Case、新シリーズでは、登場怪人名があった)。
スポンサーサイト


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

金田一少年の事件簿-概要&展開-

コメント
このアニメドラマ動画へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
Youtubeアニメドラマ動画のトラックバックURL
Youtubeアニメドラマ動画へのトラックバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。