Youtubeで手に入るアニメ/テレビドラマ動画を徹底網羅!動画ファイルナビ搭載。アニメ関連情報と併せてお楽しみください。すべて完全無料です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スポンサーサイト

スパイラル~推理の絆~関連商品一覧(価格比較)スパイラル~推理の絆~

○ 第1話 運命の旋律

○ 第2話 死の聖樹館


○ 第3話 呪われた子供たち

○ 第4話 信じる者の幸福


○ 第5話 霧の死刑台

○ 第6話 包囲網の死角


○ 第7話 信じぬ者の選択

○ 第8話 敗者ばかりの日


○ 第9話 きみにできるあらゆること

○ 第10話 たった一つの冴えたやり方



○ 第11話 グッドナイトスイートハーツ

○ 第12話 乾いた瞳


○ 第13話 Overture ~序曲~

○ 第14話 甘き香り陽炎に似て


○ 第15話 ライク・ア・スワン

○ 第16話 まねかれざる訪問者


○ 第17話 暗闇のスキャナー

○ 第18話 嘆きの天使


○ 第19話 心の鏡

○ 第20話 ささやく影


○ 第21話 心の砕ける音

○ 第22話 仮面の告白


○ 第23話 止まない雨

○ 第24話 高い城の男


第25話
○ アヤメの凍て解く音-1
○ アヤメの凍て解く音-2


スポンサーサイト

 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スパイラル~推理の絆~

直訳すると「ヤイバの子供達」。本編での年齢は日本の高校2年生に相当する(16~17歳)。右の肋骨が一本欠けている(ミズシロ・ヤイバの血縁である証として生後間も無く外科手術で切除されたため)。当初80人存在した。
略して「ブレチル」(名付け親はカノン・ヒルベルト)と呼ばれる事もある。父親はミズシロ・ヤイバである。


アイズ・ラザフォード (Eyes Rutherford) 声:石田彰/佐々木望
ブレード・チルドレンの一人。イギリス人と日本人のクォーターを名乗るが、父がヤイバなことから、おそらくイギリス人の母と日本人のハーフと思われる。

  常に冷静沈着で落ち着いており、いつの間にか彼と行動を共にするブレード・チルドレンの中のリーダー格になっていた。作中に登場するブレード・チルドレンの中では、唯一彼らを救うための組織「セイバー」に所属している。

公的な身分はピアニストで、日本でも車のコマーシャルに出演し、大人気タレントとなっている。輝くような銀髪をセミロングにしている。前述の通り、いついかなる時にもその冷静沈着な態度を崩さず、一見無感情な存在にも見えるが、仲間たちへの思いやりは深い
(ただ、それをめったに前面に出さないので、彼のことを深く理解している人間にしか分からない)。

  また、カノンが殺害された時や、歩と火澄の秘密を知った時など、激情に駆られたこともあった。ポケットからいきなりニボシを出すなど、意味不明(天然ボケ?)な行動も少なくない。

  また、自分の地位や端麗な容姿に対しての関心はないようで、素顔をさらしたまま平然と外をうろついている。読者人気も高いようで、人気投票の順位は1位だった。

  ピアニストという、身体(特に指)を大事にしなければならない職業についてはいるが、相当な場数を踏んできたようであり、少年のものとは思えない相当な気迫を発している。ブレード・チルドレンの中では一番年下らしい。カノン・ヒルベルトは、親友と言うよりは純粋な兄弟に近い存在。




浅月 香介(あさづき こうすけ) 声:草尾毅
ブレード・チルドレンの一人。残虐・挑発的・嘘はつかないが約束は守らない等と、一言で言えば「嫌な奴」。

  だが、それはあくまで敵に対しての態度であり、本質は非常に仲間想いで義理堅い。中学時代に教師相手に傷害事件を起こし、以降行方不明となっていた。同じブレード・チルドレンの高町亮子とは幼馴染だった。

赤紫(染髪)の髪を四方八方に逆立たせている。理緒の爆弾関連技術や、亮子の体術のような突出した能力はないが、銃の扱いやピッキングなど、様々な技術を持っている(悪く言えば器用貧乏)。常に挑戦的な態度を崩さないが、仲間たちの前では冷静となりリラックスしている。

  特に亮子は彼にとっては特別な存在のようで、最終的に彼女の想いを受け入れている。最終話まで生き残ったブレード・チルドレンの中では誕生日が一番早いらしい。




竹内 理緒(たけうち りお) 声:堀江由衣
ブレード・チルドレンの一人。幼い容姿と、少々ドジな一面、さらに「はう~」という感嘆符を多用する所から、いわゆる「ロリキャラ」的な扱いを受けている幼女であるが、れっきとした高校2年生。

  一見すればブレード・チルドレンとは到底思えないが、有事の冷静さや判断力、さらに爆弾関連技術の高さは、間違いなく場数を踏んだ者の証である。

灰色がかった髪をツインテールにしているが、入退院を繰り返したため、髪をおろした姿も同じくらい多い。

  爆弾の扱いに秀でており、その高い技術から、「破壊の魔女」、「爆炎の妖精」などと呼ばれている(鳴海清隆はこれになぞらえて「爆裂ロリータ」と呼んだことがあるらしい)。好物は網目模様のマスクメロン。誕生日は十月二十六日。

高町亮子同様に私立月臣学園高等部に在籍していた。
  普段の行動は周辺の生徒とは何ら変わらないようで、犬に追われてる所を鳴海歩に目撃されたのが初登場のシーンであった。




カノン・ヒルベルト (Kanone Hilbert) 声:野島健児
ブレード・チルドレンの一人。ドイツ人とのハーフ。表向きは温厚で心の広い人物だが、裏では卑劣な犯罪者であり、目的を果たす為なら手段を選ばない残忍さを秘めている。アイズ・ラザフォードとは親しい間柄で、純粋な兄弟のように接していたという。

普段は飄々としているが、戦闘時には圧倒的な身体能力・判断力・敵の攻撃に対する条件反射を振りかざし、本作に登場するキャラクターの中でも、最強の戦闘能力を発揮する。

  それ故に、「翼ある銃(ガン・ウィズ・ウイング)」と呼ばれ、兄弟の中でも殺人狂として恐れられていた。好きな動物は猫で、バナナぜんざいなるものが好物。転入時に「関西弁も話せる」と語ったが、これは火澄が使っていたことに起因しているのだろう。




高町 亮子(たかまち りょうこ) 声:加藤ひとみ
ブレード・チルドレンの一人。明るくさばさばとした性格をしている。同じブレード・チルドレンである浅月香介とは幼馴染で、浅月のことを、幼少の一時期「お兄ちゃん」と呼び、妹として接していたらしい。

茶髪をボーイッシュな髪型にしている。陸上部の所属で、高校新記録を2年連続で更新するほどの運動能力の持ち主。
  中学時代も陸上部で活躍していて、他校にまで知れ渡る数々の伝説(「高校空手部部長を秒殺した」「ヤクザにからまれていた後輩を颯爽と助け出した」「小学生の時にヒグマを倒した」など、通称「高町亮子伝説」)により、「男には容赦しないが女の子のにはめっぽう優しい」という認識のもと、女の子からの告白が絶えなかった。

  他のブレード・チルドレン達との最大の相違点は「殺られる前に殺る」ではなく、「殺るくらいなら殺られるほうがマシ」ということを信条としていること。冗談の通じない性格で、竹内理緒の行動にしょっちゅう厳しいツッコミを入れていた。




白長谷 小夜子(しらながたに さよこ) 声:中原麻衣
ブレード・チルドレンの一人だが、記憶を失っているため、本人はそれを知らない。内気な性格だが、記憶を失う以前はもっと酷い引っ込み思案らしい。

  度重なる「ハンター」との抗争の中で精神が極めて不安定になっており、飛び降り自殺を図ったのが記憶喪失の要因となった。ちなみに、野原、辻井、小夜子の3人と、アイズら前述の5人との間には接点はない。




野原 瑞枝(のはら みずえ)
歩の前に最初に姿を現したブレード・チルドレン。気の強い、というよりキツい性格をした少女。旧「騎士団(ナイツ)」メンバー・園部隆司の殺人未遂現場を友人の宗宮可菜に目撃されたため、彼女を自殺に見せかけた方法で殺害する。

  その後は死亡を装った後で、ブレード・チルドレンと接点のあった白長谷雷造にかくまってもらう予定だったが、ブレード・チルドレンの仲間であった辻井郁夫に本当に殺害されてしまった。




辻井 郁夫(つじい いくお)
野原とバイト仲間だったブレード・チルドレンで、宗宮に想いを寄せられていた人物。実は彼自身も宗宮に対して好意を抱いており、野原が彼女を謀殺したのが要因で、彼女を殺害する。


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スパイラル~推理の絆~ブレード・チルドレン

鳴海 歩(なるみ あゆむ) 声:鈴村健一/石田彰

本編の主人公。私立月臣学園高等部1年生の16歳。失踪した鳴海清隆の弟で、現在は清隆の妻・鳴海まどかと共に二人で生活している。

  長く伸びたもみあげと耳のピアスが特徴。兄同様、推理力・判断力・洞察眼に優れている。生活適応能力も高く、家事全般は彼が請け負っている(特に、料理に関しては素人の領域を超えるほどの実力を持つ)。


性格はぶっきらぼうで協調性が見られないため、周囲の人間に「怖い」と勘違いされがちであるが、楽天的で高校生らしくない一面も持っている。

  しかし、あらゆる事に神がかり的な才能を持った兄と酷似し、なおかつ兄の清隆に絶対かなわないというコンプレックスを持っており、自らの可能性を全面的に否定し、諦めの感情を抱き続けてきた。

  自分からあらゆるものを奪い、失踪した清隆を嫌悪し憎んでいたが、同時にそれ以上の憧れを抱いていたため、完全に嫌いになりきることはできなかった。


小学生のころピアノの評論家に「天使の指先」といわせるほどの腕の持ち主。

  女性に関しては興味が無いというわけではないが、ひよののアプローチも無視あるいは気づかずにいる。

  実は年上好きでまどかには憧れの人として好意を抱いていたが、結局清隆に先を越されてしまう。それでもその事実を受け止め、清隆が失踪してからは「義弟」として共に暮らしていた。ちなみに小説版ではゲストヒロインに好意を寄せられることが数度あったが、持ち前の鈍さでそれをクリアしている。

実はアナフィラキシー・ショックのアレルギー持ちで、スズメバチに刺されると死に至る可能性がある。

最初は「うるさい奴」程度の認識しかなかったひよのだったが、彼女の精神的な強さと、どんな時も自分を信じてくれていることを受け、次第に大きな信頼を寄せるようになる。
その正体は清隆の「弟」ではなく「遺伝子的に同一人物」、つまりクローンである。




結崎 ひよの(ゆいざき ひよの) 声:浅野真澄/川澄綾子

本編のヒロイン。歩と同じ月臣学園に通う高校2年生で、新聞部部長(ただし、本人は入部届けを出していないため、部員は鳴海歩だけ)。肩にかかったゆるゆるの大きなお下げ髪が特徴。天真爛漫で礼儀正しく、行動力・精神力・情報収集力を兼ねそなえている。

  調べようと思えば調べられない情報は無いという、類稀なる情報収集・処理能力を持ち、集めた膨大な情報の大半を元に、本人曰く「カワイイお願い」(脅迫)や人捜し等を有料で行っているなど腹黒い所も。その情報は在学生の個人情報(スリーサイズ等の身体測定データも)、定期考査の結果・好きな人等の学内情報はもとより、警察の捜査資料といった非公開の内部機密文書まで様々である。


一応歩の1つ上で先輩にも関わらず、見た目が中学生くらいで、歩に「鳴海さん」と、「さん」付けしている事などから歩に年下扱いされている。

しかし、人とのコミュニケーションが下手な歩が家族以外で唯一頼れる存在でもある。性格は活発なおてんば少女あるが、敵にまわすと最強の敵になる怖い(?)女性。

歩の事が好き(らしい)だが、無視され続けている。暴力は嫌いだが、カノンの手刀をかわし反撃するなど、実力は半端なものではない。

歩の可能性を信じており、どのような絶望的な状況にあっても、彼の力を最後まで信じ通した。また、共にブレード・チルドレンと戦っているうちに、歩に対する想いが募っていった。
実は「結崎ひよの」という人間は最初からこの世に存在しておらず、鳴海清隆によって用意された「切り札」であり(本名を知るのは、おそらく鳴海清隆のみ)、彼女が月臣学園に潜入するための偽名に過ぎなかった。年齢は不明(17歳以下ではないらしい)。ちなみに彼女の本名が劇中で明かされることはなかった。(スパイラル~推理の絆~15巻時点では)




鳴海(旧姓:羽丘) まどか {なるみ(はねおか まどか)}  声:三石琴乃
歩の兄・清隆の妻で、職業は警視庁の警部補である。長い黒髪が特徴。性格は身勝手で歩によく八つ当たりをし、遠慮なしに鉄拳制裁をくらわす(小説版では結婚前の清隆に鉄拳制裁をしていたが、清隆が失踪したため、その矛先を歩に向けたものと思われる)。

  しかし、根は真面目で清隆や歩のことを一番に考えている、本当は優しい女性である。逆にその性格ゆえに不器用さが目立つ。また、プライドが高く、よく歩と痴話ケンカする。生活適応能力は極めて低く、全ての家事は歩に一任している。

  そのことを物語る事実として「塩と砂糖の区別が未だにつかない」、独り暮らし時代は家にあった調理器具は「錆びた包丁ひとつ」などがある。アニメでは酒癖が悪いことも発覚している。好きな動物は蛙で、キャラクターグッズや図鑑など、所有するアイテムは豊富。必殺技(?)である「す~ぱ~いなずまきっく」は、ロボットアニメ「トップをねらえ!」の同名の必殺技のパロディと思われる。

歩からはずっと想いを寄せられていたが、本人から告白されるまでは全く気づかなかった(にもかかわらず、結崎ひよのが歩に好意を抱いていたことには気づいていた)。

  暴力的な一面も持っており、しょっちゅう清隆を攻撃していた(小日向くるみ曰く、好きな人に対する照れ隠しに過ぎないとのこと)が、彼に対する想いは本物であり、彼が失踪した時には歩が家にやってくるまで風呂や食事はおろか、一人で用を足す事さえもままならない状態であったという。




鳴海 清隆(なるみ きよたか) 声:井上和彦
鳴海歩の兄。かつて警視庁に所属しており、ノンキャリアながら警部の地位まで上り詰めた。

  小説版では現場を見ただけでほぼ事件の概要が分かるという、人間離れした推理力を持つ。そのときのあだ名は「警視庁の名探偵」。あらゆる事に驚異的な才能を持った、まさに「神」というべき存在。

  10代の頃は、自身の力を試すためにピアニストをしていたが、、ドイツでの最後の公演にあたり、「ここに自分の居場所はない」と言い放った後、鍵盤のふたで5本の指を叩き折り、自らピアニスト生命を断った過去を持つ。


成人した時に、自らの使命――自身の対極となる「悪魔」ミズシロ・ヤイバを殺害し、その影に至るまでを徹底排除する「破壊神」となること――を悟る。

  そしてそれを忠実に実行し、自らが決して果たすことのできない使命――ヤイバの弟ミズシロ・火澄を抹殺すること――を歩に果たさせるべく失踪し、秘密裏に行動を続けてきた。

  また、存続することで世界に多大な影響力を残してしまう自身の消滅をも望み、その役目も歩に果たさせようとしていた。かつてはこれと相反する望み――誰から見ても絶望的な状況にあっても尚、希望を捨てない人間の登場――を持っていたが、そんな人間は登場せず、結果的に全てをゼロへと変える運命を選ばざるを得なくなった。


常に自らの望むもの全てを手に入れてきた彼だったが、自らと同じ高みにいた者は、自らの対極にあるヤイバしかおらず、その内面は非常に孤独感に満ちていた。

  普段の性格は歩とは異なり面倒くさがり屋。
  また、意外と三枚目でもあるようで、彼の日常の姿は「外伝小説 名探偵鳴海清隆~小日向くるみの挑戦~」にて垣間見ることができる。妻・鳴海まどかのことを利用してはいたが、同時に愛してもいたようで、失踪中は、彼女の写真を見てはため息をついていたようだ。ブレードチルドレンに関わる全ての事象の鍵を握る最重要人物である。ちなみに先天性無精子症である。




ミズシロ・火澄(ミズシロ ヒズミ)
ミズシロ・ヤイバの弟で、鳴海歩と対極の存在。陽気で、社交性の高い人物だが、その心の奥には深い孤独感を隠している。大阪弁を話す。ハーモニカが得意で、初登場時にも吹いていた。

その正体はヤイバの「弟」ではなく「遺伝子的に同一人物」、つまりクローンである。

ヤイバが死亡した際に、ブレード・チルドレンを守る人々「セイバー」の夫婦に引き取られ,、10歳の時に自らの出生の秘密を知り、しばらくした後に鳴海清隆の手によって保護された(このセイバーの夫婦が大阪弁だったため、火澄自身も大阪弁になった)。

  だが、彼は自身の運命を呪うことなく、ヤイバから受け継いだ力をブレード・チルドレン救済のために使うため、13歳の時に遺伝子研究で有名な大学へと入学した。しかし、そこで火澄は自分の限界を悟り、一気に絶望へと叩き落されることになる。




ミズシロ・ヤイバ
ブレードチルドレンに関わる全ての事象の原点に位置し、鳴海清隆と対極の存在で「悪魔」として認識されている。
  両親は日本人で、生まれつき右の肋骨が一本欠けている。23歳の時、自らをリーダーとする「騎士団(ナイツ)」を結成し、活動内容は不明瞭ながらもその才覚で政財界をも取り込み組織とその影響力を拡大、26歳にして世界の黒幕的立場になる。

  ブレード・チルドレン計画の発案者であり、29歳でそのプロジェクトを立ち上げた。天才的能力を持った自らの血を広げることで、創造主が自らに託した任務・旧人類の抹殺を成し遂げようとしたが、鳴海清隆によって殺された。全てのブレード・チルドレンの父親にあたる。


 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スパイラル~推理の絆~神と悪魔

タイトルは『スパイラル~推理の絆~』。 2002年10月から2003年3月まで、テレビ東京系で放映された。

 記念すべき第1話は当時、台風21号接近のため、気象情報(L字テロップ)と共に放送されたという経緯がある。

 原作以上に物理法則を無視したトリックや崩れたキャラクター造形、結局何一つ明かされることの無かった構成(しかしこれは当時原作が終わっていなかった為仕方ないが)など批判が大きい。 また、2007年1月6日からはTOKYO MXで再放送されている。



スタッフ

* 監督:金子伸吾
* シリーズ構成:高橋ナツコ
* 脚本:高橋ナツコ、北条千夏、田中哲生、堺三保、小出克彦
* キャラクターデザイン・総作画監督:中山由美
* 音楽:見岳章
* アニメーション制作:J.C.STAFF
* 製作:テレビ東京、創通映像、SMEビジュアルワークス


主題歌

オープニングテーマ
「希望峰」

* 作詞:Strawberry JAM
* 作曲:あき
* 編曲:野村義男
* 歌:Strawberry JAM


エンディングテーマ
「カクテル」

* 作詞/作曲:Takuya
* 編曲:Masahide Sakuma、Hysteric Blue
* 歌:Hysteric Blue



 Youtubeアニメ情報はこちらから


 Youtubeアニメドラマ情報局では、
  【Youtube】新着/人気アニメ&ドラマ動画をアップしています。

  あらすじから登場人物など、関連したアニメ・ドラマの情報を徹底網羅

  100%無料視聴が可能です!
  いつでもご利用ください。

スパイラル~推理の絆~アニメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。